兵庫県ユニセフ協会 > 兵庫県ユニセフ協会とは

兵庫県ユニセフ協会とは

兵庫県ユニセフ協会は、ユニセフ協力活動のネットワークを広げていくための活動拠点として、公益財団法人日本ユニセフ協会によって正式に承認された協定地域組織です。

 

設立まで

2001年  日本ユニセフ協会兵庫県支部設立準備会発足
2002年3月6日 (財)日本ユニセフ協会兵庫県支部設立
2011年4月1日 平成20年12月1日に発効された新公益法人法に伴い公益財団法人日本ユニセフ協会の地域組織として協力協定を結び、兵庫県ユニセフ協会に名称を改める。


MEMO

1970年代、日本は高度成長時代、一方アフリカは大旱魃に見舞われていました。 ユニセフは、1979年の国際児童年の年に、協同組合の国際機関であるICA(国際協同組合同盟)に、開発途上国の子どもたちの窮状を伝えました。そこで、ICAがユニセフに提案し、世界の協同組合に呼びかけ、「バケツ一杯の水を送ろう」キャンペーンを展開することになりました。 1982年、日本生活協同組合はユニセフ支援活動を全国的に取り組み、募金活動を展開。コープこうべ内にはユニセフの募金事務局が設けられました。

ページTOPへ

 

設立目的

公益財団法人日本ユニセフ協会との協力協定に基づく「協定地域組織」として、世界の子どもたちの生存・発達・保護・参加のための広報、募金、学習支援などのユニセフ支援活動を、 兵庫県内において促進することを目的としています。

ページTOPへ

兵庫県ユニセフ協会は、上記の設立目的を達成するために、以下の活動を行います。

活動内容

  • 募金活動
  • 広報活動
  • 学習会講師の派遣
  • 視聴覚教材の貸出
  • 学習会、報告会、イベントなどの企画・実施
  • その他、兵庫県ユニセフ協会の設立目的を達成するために必要な事業
ページTOPへ

 

ユニセフひょうごサポーター

ユニセフひょうごサポーター


兵庫県ユニセフ協会は、2002年の設立以来、「できる人が、できる時に、できることを」をモットーに、ボランティアを中心に、広報、啓発、募金活動などのユニセフ支援活動に取り組んでいます。 そして、10年の節目を迎えた2012年より、兵庫県ユニセフ協会が行う様々な活動をより充実させるために、みなさまに、ユニセフひょうごサポーター(賛助会員)としてご支援いただきますようお願いしています。 詳細につきましては、リーフレットをご覧ください。 ご理解いただき、ご協力いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。
                    リーフレットはこちらからご覧いただけます。

ページTOPへ

 

役員

兵庫県ユニセフ協会の会長は、黒木稔(生活協同組合コープこうべ顧問)がつとめています。そのほかに兵庫県で活躍される各界の代表の方々にご協力いただいています。

詳しくは、こちらをご覧ください。→役員名簿

ページTOPへ

 

兵庫県ユニセフ協会事務局

〒658-0081 神戸市東灘区田中町5-3-18
コープこうべ生活文化センター4階
(JR東海道線住吉駅下車南東へ徒歩約8分)

電話番号:078-435-1605(平日10時~16時)
ファックス:078-451-9830>
電子メール:h-unicef@kobe.coop.or.jp